メニュー 閉じる

北海道きょうだいの会のサイトへようこそ!

“きょうだい” ー障がいや病気のある兄弟姉妹をもつ人

「北海道きょうだいの会」は2018年秋に発足した、北海道地域での「きょうだい活動」のための団体です。
札幌市を主な拠点として活動しています。

“きょうだい” が集まり、”きょうだい” 同士の自助を第一に、きょうだいの抱える課題解決のため、障がい者とその家族に必要な支援を考え、発信することを通じて福祉の充実を目指していきます。

”きょうだい” が自由に想いを語り、分かち合う場の提供を中心として、茶話会や学習会などさまざまな活動を進めていきます。

→ イベント開催予定

ロゴマークときょうだい茶話会の様子

北海道きょうだいの会代表の白石未佳子の写真

代表より

北海道きょうだいの会 代表の白石です。

2018年の春ごろ、私は初めて「きょうだい」という言葉の特殊な意味を知りました。



「障がいや病気のある兄弟姉妹を持つ人(子ども)=きょうだい(児)」 ・・・自分のような人のことを「きょうだい」と呼ぶんだ!と。

さっそく、北海道で「きょうだい」が集まるイベントがあったら参加してみたい!と、探してみたものの、情報にたどりつくことができませんでした。

東京に本部のある「全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会(通称:全国きょうだいの会)」に問い合わせて、2018年の夏に本部にお邪魔しました。
田部井会長はじめ、スタッフの方にいろいろと教えていただき、10月にTwitterアカウント、Facebookページを作成し、告知を開始。
2018年11月25日に「きょうだいの集い in 札幌」という初めてのイベントを開催しました。

同年12月には、北海道新聞さんにも「北海道きょうだいの会」発足についてインタビュー記事を掲載していただきました。

2019年8月にはNHK札幌放送局「おはよう北海道」で「自分の人生を生きたい”きょうだい”の苦悩」という特集を組んでいただくなど、ラジオや対面イベントでの講演など、各方面で発信の機会をいただいています。

→ メディア掲載・講演

このサイトには、私の個人的な想いは極力掲載しないつもりでいます。
というのは、私の考えを押し付けたくないからです。
どんなスタンスのきょうだいがいてもいいと思っています。
それは私自身の考えや気持ちもまた、大切にされたい、大切にされるべきと思っているからです。

さて、会の名前には「北海道」とついていますので、札幌以外の北海道地域のきょうだい会立ち上げにも協力できたら…と考えています。

2019年9月に帯広できょうだい会を開催し、11月に「とかち兄弟会」さんが発足しました。

「ここでもきょうだい会を!」「自分も運営に携わりたい!」と思われた方は、ぜひ一緒にやっていきましょう。

TwitterFacebook、1周年を機に開設したinstagramアカウントもあります。よろしければそちらもフォローください。
茶話会などのイベントには、毎回参加しなければならないことはありません。

気が向いたときに、いつでも話しにいらしてください。お待ちしています!

→ イベント開催予定

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。