メニュー 閉じる

代表あいさつ

北海道きょうだいの会 代表の白石です。

2018年の春ごろ、初めて「きょうだい」という言葉の特殊な意味を知りました。

「障害や病気のある兄弟姉妹を持つ人(子ども)=きょうだい(児)」

自分のような人のことを「きょうだい」と呼ぶんだ!と。


さっそく、北海道で「きょうだい」が集まるイベントがあったら参加してみたい!と、探してみたものの、情報にたどりつくことができませんでした。

東京に本部のある「全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会(通称:全国きょうだいの会)」に問い合わせて、2018年の夏に本部にお邪魔しました。
田部井会長はじめ、スタッフの方にいろいろと教えていただき、10月にTwitterアカウント、Facebookページを作成し、告知を開始。
2018年11月25日に「きょうだいの集い in 札幌」という初めてのイベントを開催しました。

同年12月には、北海道新聞さんにも「北海道きょうだいの会」発足についてインタビュー記事を掲載していただきました。

いじめを経験/親亡き後の介護は/結婚、出産に迷い… 障害者の兄弟姉妹 悩み軽く 語り合う会、道内でも発足 過去の思い話し、気持ちの整理も:どうしん電子版(北海道新聞)https://www.hokkaido-np.co.jp/article/254236

北海道新聞(どうしん電子版)

2019年8月にはNHK札幌放送局「おはよう北海道」で「自分の人生を生きたい”きょうだい”の苦悩」という特集を組んでいただくなど、ラジオや対面イベントでの講演など、各方面で発信の機会をいただいています。

このサイトには、私の個人的な想いは極力掲載しないつもりでいます。
というのは、私の考えを押し付けたくないからです。
どんなスタンスのきょうだいがいてもいいと思っています。
それは私自身の考えや気持ちもまた、大切にされたい、大切にされるべきと思っているからです。

さて、会の名前には「北海道」とついていますので、札幌以外の北海道地域のきょうだい会立ち上げにも協力できたら…と考えています。

2019年9月には帯広できょうだい会を開催する予定です。

「ここでもきょうだい会を!」「自分も運営に携わりたい!」と思われた方は、ぜひ一緒にやっていきましょう。

TwitterやFacebookアカウントもあります。よかったらそちらもフォローください。
気が向いたときに、いつでも話しにいらしてください。お待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。